鈴木かつひろ活動実績 活動実績 > 都議会活動

2012年2月 第一定例会 東京の格差社会に対して質問

格差是正について、鈴木かつひろ議員が石原都知事に質問しました。くわしくはyoutubeまたは都政レポート(右下画像:都政レポートをクリック)をご覧ください。

格差が貧困を生む要因、それは雇用環境。教育環境。家庭環境の変化です。格差を是正するために、鈴木かつひろが都民生活について質疑しました。

  • 所得格差是正のために、フリーターや就職弱者への集中的な雇用政策について。
  • 親の所得格差を子どもの教育格差にしてはならない。足立区では、教育の機会均等への対策が始まっています。教育委員会は都立高校で今後どのような教育改革を進めていくのか。
  • 貧困に陥りやすい、ひとり親世帯や単身高齢者はきめ細かな行政支援を必要としています。セーフティーネットの構築、在宅サービスの充実、介護と仕事の両立のため企業への働きかけなど支援が必要である。
  • 安心安全な街づくりに、警視庁との連携が大切です。

inserted by FC2 system